FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

曖昧グルメメモ/中央区そば編 

帯広へ嫁いだ友達が札幌へ戻ってきてるというので会う事に。

この彼女、学生時代から料理の腕前は既にプロ級。

私の誕生日にはその時期の気温がパイ生地を作るのに適してるとかで
毎年アップルパイを焼いてくれた。
普段の日も色んなケーキをごちそうになったが、
月餅を作って持ってきてくれた日には
(何をどうやったのかちゃんと真ん中に月餅とデザインされていた)
この人は16歳じゃなく本当は自分の店を持った大人で年をごまかして
私とつきあってるんじゃないかと思ってしまった程だ。

その後料理の道へ進み北海道を離れ、果てはフランス留学までし
結婚後は生活の拠点も帯広と・・
こう振り返ってみると離れていた時期も長いが
そんな事は全く障害となる事なくここまで来た。

今日も又いつものように会ってなかった間のつもりつもった話に
花を咲かせる予定だったが、お互い不安を感じながらの再会。
というのも、

友達’s ベイビー(生後半年)の子連れ外食デビューだったからだ。

私達が会う(食べる)場所を決めるのにまず第一に考えるのが
「駐車場があるお店」というのがある。
会う時は中央区で会う事が多いのでこれがなかなか難しい。
そして長話しになる可能性もあるので北海道弁で言う所の
「あずましい(落ち着く)お店」。
彼女の選ぶお店なら「味」は間違い無いのでここはあまり考えない。
そして今回はこの条件にもう一つ、
「赤ちゃんを連れていっても落ち着いて食べられるお店」。

この条件を満たしたのが、以前にも二人で行った事のある、
中央区にあるそば処「山でん」
だった。
soba001

ここは座敷があるのだが、そのスペースが赤ちゃんを寝かせるにも
十分な広さがあり、
お客さんも穴場を知り尽くした様な大人な方々が多く
騒がしくないので赤ちゃんもびっくりしないのではないか、
それにおそばもおいしいし、と選んだのだが
実際行ってみると彼女は赤ちゃん片手にそば完食。
母強し!
soba002

赤ちゃんもお店の雰囲気に安心したのかまったくぐずらず、
その後移動し札幌市内を一望できる場所に車を止め
3時間程話込みましたが、その間も天使のような寝顔で爆睡。

母親の実家に帰ってきた安心感や、楽しく話す雰囲気を感じ取ってか、
いつもよりのびのびする娘を目の当たりにし
母親の精神状態はこんなに子供に大きな影響を与えるんだね~
と彼女。

帯広の大自然の中で、すくすくと育ってくれますように。

そして母親の才能を受け継ぎいつかアップルパイを作ってくれますように。

m001

あんたのか~ちゃんこんなお菓子の買い方するんだぜ~
(左から抹茶キャラメル、抹茶チーズケーキ味トッポ、抹茶チョコ)

曖昧メモ
お店・・そば処やまでん
場所・・中央区北2条西20丁目2-33
予算・・割り勘1000円以内/一人
スポンサーサイト



Posted on 21:40 [edit]

category: 【Gourmet★グルメ】

thread: 札幌/北海道の地域ネタ - janre:地域情報

Page top△

コメント

Page top△

コメントの投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://sunakluuk.blog40.fc2.com/tb.php/20-3206d082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△