05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

小樽パワースポットドライブ①蔵王寺★脳天大神 

小樽水族館へ行きたい!
とずっと言っていたチビ助。


最近、家族も怪我続きだし、
私も、運で左右される要素のある仕事を任されたりで
パワースポットに行きたいなと
思い始めていたので


小樽水族館&パワースポットドライブを決行しました。






近所で朝マックをした後、高速で小樽へ。
20170325180637a62.jpg
Photo by Chibisuke



もうすぐ小樽へというその時、
「首から上の守り神、脳天大神」の看板が。
2017032518095583c.jpg





予定変更で急遽高速を降り
行ってみることに。




チビ助やばーちゃんは
頭や顔に怪我続きな上、
実は脳動脈瘤の手術の予定があるジジ。
そんなジジのために護摩木に願いを書き込むチビ助。
20170325190618afb.jpg
頭を割られた蛇を祀っている
奈良の吉野山にある金峰山寺の北海道分院だそうで
首から上の病気に霊験あらたかと言われており、
入学試験合格、商売繁盛祈願にも
参拝者が訪れるようです。





最近では小樽のパワースポットにもなっているようで、
いきなりの引き寄せ体験。
20170325190620513.jpg
脳天様が皆んなを見守ってくれます様に!

蔵王寺 脳天大神
小樽市星野町6-15


↓読んで頂いてありがとうございます。よろしければポチッとクリックお願い致します
br_decobanner_20100131013858.gif
スポンサーサイト

Posted on 23:07 [edit]

category: ◆Visted/おでかけ(札幌)

thread: 北海道 - janre:地域情報

Page top△

たきかわ菜の花祭り 

金曜日の朝のニュースで
満開の菜の花を見て
チビ助が行きたい!と言ったので



雪祭り以来出番のなかったデジカメを持って
滝川までドライブに行って来ました。








お友達が住んでたので
数え切れない程運転した滝川への近道の農道。




田んぼへ続く水路の上だけ
道路が少し盛り上がっていて
そこを通る度車が少しフワッと浮いた後
ガタンと落ちる衝撃に
当時、助手席に乗るとイラッと来てた
記憶が蘇りましたが




今、隣の助手席に座るチビ助は
ジェットコースターみたいと大喜び。





そんなちっぽけな事なんだけど、
つまらない農道がタイムマシーンの様に感じられるドライブの後は






黄色
20160607212947302.jpg



黄色
20160607212956e7d.jpg




黄色のパッチワーク!
201606072129503bf.jpg



ナビの操作も親よりスムーズに出来る
最高のパートナーと
20160607212951a0c.jpg



最高の景色で
201606072129522c1.jpg





充電完了!





↓読んで頂いてありがとうございます。よろしければポチッとクリックお願い致します
br_decobanner_20100131013858.gif

Posted on 22:11 [edit]

category: ◆Visted/おでかけ(札幌)

thread: 北海道 - janre:地域情報

Page top△

2016GW★サケのふるさと 千歳水族館 

連休中盤は天気が良いのは本日のみで
あとは雨予報なため、
近場ドライブに
サケのふるさと千歳水族館(←クリックで詳細)
へ行って来ました。
201605031841458d0.jpg
千歳川の中が見える水槽に
魚にさわれるタッチプール、
ドクターフィッシュに
ザリガニ釣り。



実はここ、チビ助が児童クラブの遠足で来て以来、
又行きたいとリクエストし続けてきた場所なのです。
小学2年生のハートを掴んだ水族館、





ジジのハートもガッチリ掴んだ様です。
20160503184146b96.jpg
昨年の連休に登山に行きたがっていた樽前山の
航空写真のパネルがあったので、
山に登った気分を味わってもらいます。





しかし、何よりガッチリハートを掴まれたのは
併設された道の駅サーモンパークの外にある
勇払ファームの骨つきラム!!
20160503184147240.jpg
トロットロでやわらかく、でもカリッとジューシーで
600円と決してお安くはありませんが、
後悔させない旨さ!





ようやくの春の陽気で桜も満開です。
20160503184248fe9.jpg




小川でアメンボをつかまえたチビ助の手がかわいい。
20160503184243ec2.jpg



そして5月31日まで行われている
サケの稚魚の放流体験。




今日放流した稚魚は、千歳川から石狩川を泳いで
その後ロシア、アラスカと3万キロの海外旅行の後
自分の生まれた川の匂いを嗅ぎ分けながら
3年後又この千歳川に戻って来て生涯を終えるんだそうです。
帰巣本能の話に人生を重ねウルッと来てしまう40代。
20160503184246199.jpg
しかし、その道程には
大きな魚やサメ、川の中を泳ぐ鳥に熊そして
私達人間と天敵がたくさん。




100匹放流したとしても、


3年後に無事戻ってこれるのは


わずか1匹。








無事に帰ってくるんだよと
切ない気持ちで放流した後の










この買物。
201605031842459a5.jpg





私達は色んな命を頂いて毎日生きているのです。





↓読んで頂いてありがとうございます。よろしければポチッとクリックお願い致します
br_decobanner_20100131013858.gif

Posted on 21:10 [edit]

category: ◆Visted/おでかけ(札幌)

thread: 北海道 - janre:地域情報

Page top△

2016年雪まつり 

もう何年、
いや、何十年と足を運んでいない
札幌雪祭り。




今年はチビ助の熱烈なリクエストが大分前からあった為




スキージャンパー上下と完全防備で出かけて来ました。





最後に行った雪祭りの記憶と言えば
初めて出来た彼氏と高校生の時に行った
20年以上も前。



しかし雪像も食べた物も、
彼氏との思い出すら記憶になく
あるのはただ



「人は寒すぎると震えを通り越して息ができなくなる」
という感覚のみ。





ダウンコートなんて存在も知らなかった
若き日の強烈な寒さの記憶は
それから20年以上
雪祭りは命の危険にかかわるイベントと認識され
すっかり足を遠のかせてしまっていました。








防寒対策はしたものの、
正直雪像に全く興味を持てなく
駐車場もなかなか空いてなくて
かなり低いモチベーションで会場に到着。






そこでまず目に飛び込んできたのは、






2016年3月26日開業の北海道新幹線の
2016032922475809c.jpg
プロジェクションマッピング
BGM:Supernova Express 2016/Glay





40年以上前に始まった青函トンネルの工事から
現在に至るまで
春夏秋冬の北海道を走る新幹線のショートストーリーに
すっかり感動。
気が付いたらデジカメで何十枚も写真を撮っていました。






こちらはマニラ大聖堂。
20160329224759299.jpg
綺麗です。




最終日だったこの日は白い恋人パークで
スノーボーダーやスキーヤーの兄ちゃん達が
華麗に宙を舞いまくっておりまして
こちらもチビ助と2人釘付けになって見てしまいました。






最後の雪祭りから20数年。
雪像も、イベントも、来場者の外国人の数も
すっかり変わっていましたが




これから20年先の雪祭りも見てみたいなと思えた
2016年の雪祭り。




その時は札幌まで新幹線が来ていることでしょう。



↓読んで頂いてありがとうございます。よろしければポチッとクリックお願い致します
br_decobanner_20100131013858.gif

Posted on 21:14 [edit]

category: ◆Visted/おでかけ(札幌)

thread: 北海道 - janre:地域情報

Page top△

札幌リレーマラソン 

ウルトラマンのイベントでのクイズを全問正解した時


口笛を吹けるようになった時


クロールで泳げるようになってしまった時


ついこの前まで手を差し伸べてあげなければ
1人では何も出来ない赤ちゃんだった子供が
明らかに自分の能力を超えた瞬間
込み上げてくる驚きと嬉しさで親は一杯になります。







2015年6月29日、
チビ助はまたしても親を追い越して行きました。








おじちゃんが会社の人と走る札幌リレーマラソンを初めて見た昨年。
2kmのファミリーランを走る人達を見て
来年はチビ助も走ると宣言して迎えた今年のリレーマラソン。
20150709114959f6e.jpg











「初めてのマラソンだから
今年はマミーも一緒に見守りランナーで走ってあげるね。」




なんて言っておきながら




スタート直後から凄い速さで小さくなってくチビ助に対し
20150709115000ca3.jpg

スタート直後でもはや限界を感じてる自分。
20150709115001688.jpg





3回程コースを逆走して私の様子を見に来てくれたチビ助でしたが
1cmくらいずつしか前に進んでない母親を見て
下手すると1キロ以上の差をつけて
(義妹談)
1人でゴール。




見守るどころか

見守られた上、

見捨てられた私。








「上半身の重量が邪魔!」と感じる程足が前に出ない
私の無様な走りっぷりと

何十年ぶりかの振動で内臓が全て内出血したのではないかと
思うような腰の痛みも

きっと無駄では無かったと思える



「自分が先にゴールする」快感を初体験したチビ助の笑顔。
来年の運動会では今年よりも頑張ってくれる事でしょう。



子供の成長と同時に自分の「老い」も実感。
今回は嬉しさ半分、切なさ半分・・・。



↓読んで頂いてありがとうございます。よろしければポチッとクリックお願い致します
br_decobanner_20100131013858.gif


Posted on 11:50 [edit]

category: ◆Visted/おでかけ(札幌)

thread: マラソン - janre:スポーツ

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。